絶対にバレたくない

カードローンを利用する時には、「誰に知られても良い」という考えで利用する人も居ますが、「絶対に他人に知られたくない」という思いで利用する人も居ます。

むしろ、誰にも知られたくないという思いを持っている人の方が多数派と言える為、どうやってばれないようにしていくのかという対策がとても重要になります。

カードローン利用でリスクがあるポイントとしては、「契約時」と「利用中の書類・カードの管理体制」が重要です。

例えば、カードローン契約時に店舗(友人・無人)を利用する時には、店舗への出入りを知り合いに見られないように注意することが必要になりますし、契約書類やローンカードを見られない様、どのように管理していくのかという事もしっかりと考える必要があります。

書類やカードの管理体制をしっかりとしよう

内緒でカードローンを利用する人が図らずも利用がばれてしまう理由の大きなものは、店舗の出入りはもちろんですが
「書類やカードの管理体制が不十分」ということが非常に多いです。

せっかく誰にも見られることなく契約することが出来たとしても、契約書や明細書・カードからカードローンを利用していることがばれてしまっては台無しになってしまいます。

事前に、どのように管理していくのかについてはしっかりと検討しておくことが大切です。

また、もう一つ気を付けなければいけないポイントが「借入れ・返済の方法」です。「銀行振り込み・口座引き落とし(振替)」を利用する場合、「銀行の通帳の内容でカードローンを利用していることがばれるリスクがある」という事もしっかりと意識する必要があります。

通帳に履歴が残らないようATMを利用しよう

通帳にはどこ(誰)からお金が振り込まれたという履歴が残りますし、何よりもお金の動きが明白になってしまいます。高額なお金が移動する機会が多いとなれば、それだけでも違和感を覚えられてしまう可能性も高いです。

そこで、通帳からカードローンを利用していることがばれるリスクを減らす方法として、「消費者金融・銀行の専用ATMを利用する」という対策がおすすめです。

一般的なATMと同じように明細が発行されることはあるものの、その明細書を処分してしまえば良いのでリスクは大幅に低くなります。

私自身、初めての借入れは銀行振り込みを利用しましたが、通帳にしっかりと入金・出金の履歴が残ってしまったことでカードローンの利用がばれてしまったことがあります。

幸い、大事にはならかなかったものの、人によっては大きなトラブルに発展する可能性もあるので、よりリスクの少ない方法を選択することは非常に大切だと思いました。

Copyright©金融業者の審査に大事なことをまとめたよ Allrights reserved.