キャッシングとカードローンはどう違うの?サービス、金利、返済方法の違いは?

カードローンとキャッシングで大きな違いが出てくるのは融資の金額や利息に関連する面です。基本的に、これら二つのサービスは銀行が提供するものと消費者金融が提供するものに分かれていますので、それぞれのサービスに関して精査して比較検討しなくてはいけません。

銀行のサービスは銀行法という法律によって提供され、消費者金融のサービスは貸金業法という法律によって提供されますので、カードローンという名称でお互いにサービスを提供していたとしても準拠する法律が異なる影響からサービス内容は全く異なっているのです。

そして、融資の金額や金利の面で大きな違いが出てくるのもこの法律的な違いによって生まれるものであるためこの前提をしっかりと理解しておく必要があります。

キャッシングとカードローンの金利、返済方法について

では、キャッシングの融資というのは他の融資と異なってどのような点で優れているのでしょうか。最も優れている点の一つとして金利の低さが挙げられます。

キャッシングの金利が低いのは、単純な会社間での競争が存在するからという理由ではなくきちんとした法律的な理由が存在するということを知っておく必要があります。

そもそも、キャッシングは個人の消費者に対して融資をするサービスであるため、個人の消費者と契約を進めていくことを前提に提供されています。

つまり、個人の消費者に対する特化したサービスに分類されるわけです。当然ですが、個人の消費者に対する融資では本当に消費者が借りたお金を返済することができるのかどうかをより厳密に考えなくてはいけません。

あまりにも負担を強いるような利息を設定すると、消費者の生活を直接圧迫することに繋がってしまうからです。

このようなことにならないようにするためには、法律によって消費者に対する融資の利息を限定的にする必要があります。融資をする会社が独断で決めるわけではなく、法律によって一定の上限を設定していれば必ず小さな負担で消費者はお金を借りることが可能になります。

実際に、消費者に対するキャッシングでは特別に利息制限法という法律が適用されますので、この利息制限法という法律を軸に安定してお金を借りることができるのです。

一方で、銀行の融資の基準や金利の決め方はあくまでも銀行法に基づいて行われますので貸金の場合とは大きく異なります。確かに銀行のカードローンも金利に関する決まりは存在しますが、銀行のカードローンは個人の消費者に特化しているわけではないので企業の融資との兼ね合いも含めて考慮していく必要性があるのです。

Copyright©金融業者の審査に大事なことをまとめたよ Allrights reserved.