本人確認の電話は自宅にかかってくる?

基本的に、キャッシングとしてカードローンを利用するときに本人確認の電話が自宅にかかってくることなどはありません。自宅の電話番号を教えなければ良いだけですし、連絡先を自身の携帯電話の番号にしておけば本人確認の電話は携帯電話にかかってきます。

もう一つ在籍確認という電話の確認の審査が存在しますがこの審査も自宅にかかってくるものではありませんので安心して問題ありません。

では、在籍確認以外で重要になる審査は他にはないのでしょうか。もう一つ、貸金業者に関連する重要な審査が存在します。
それは、融資の申請をした人物の情報を詳細に書いている信用情報という情報の審査を行うことです。

信用情報の審査

信用情報というのは、融資に関連するあらゆる詳細な情報のことを意味します。本来、消費者の情報はしかるべき機関に厳格に管理されているのですが、お金を貸すことができる貸金業者や金融機関は、借金に関する情報に限定してその情報を詳細に調べることができる権利を持っています。

そして、こうした詳細な情報が書かれている信用情報を調べることによって、本当にその人物に対して現金を融資しても問題ないのかどうかを確認することになるのです。

この信用情報の審査は、融資の基準として最も簡単でわかりやすい審査基準になっていますので、どこの会社であってもこの審査基準を参考に相手の信用性を調べます。

例えば、他の会社から100万円のお金を借りている時には必ずこの信用情報に100万円を借りているという情報が掲載されてしまうようになります。

この情報を削除するためには、特別な法的な手続きをとるかきちんと借金を返済するかのどちらかを選択肢なくてはいけません。ただし、法的手段を選択した時にはごく限定的なケースでしかその詳細を削除してもらうことができないということに注意をしなくてはいけません。

キャッシングは家族にバレない

このように、キャッシングとしてカードローンを申請する時には家族にバレるような審査が行われることはまずありません。そもそも、書類として提出しなくてはならない書類が増額申請の際の収入証明書と自身の身分を証明するための身分証明書の二つだけで、これら二つも郵送する必要が無いので自宅に連絡が来ることもないのです。

審査は淡々と進められていき、信用情報の審査も収入に関する審査も携帯電話の本人確認の電話を進める過程で貸金業者の方から審査を進めて良いのかどうかの判断を問われるのでその時に良しとすれば後は向こうがバレないように審査を進めてくれます

Copyright©金融業者の審査に大事なことをまとめたよ Allrights reserved.