学生のカードローンについて

学生であってもアルバイトなどの安定した収入があればカードローンで自由にお金を借りることが可能です。そもそも、カードローンを提供している会社の中には学生だけを対象とした会社も存在しますし、何よりも銀行などの金融機関が提供するクレジットカードには学生専用のものもあります。

当然、学生専用のカードであってもキャッシング枠は存在しますので、それを利用することでお金を借りることは可能です。ただし、親の仕送りなどは収入としては認められないので注意をしておく必要があります。

基本的に、学生専用のカードローンを利用できるのならば一般的なキャッシングよりもそちらを利用したほうが賢明です。何故かと言うと、金利が低い状態でお金を借りることができるからです。

利息制限法という法律が適用されて低い金利でお金を借りることができるので、負担を小さくしたまま返済を進めることが出来ます。

利息制限法について

では、この利息制限法という法律にはどのようなメリットが存在するのでしょうか。それは、消費者に対する融資の金額が大きくなるほど、利息の上限を自然と小さくすることができるようになっていることです。

基本的に、利息の負担は融資の金額が上昇するほど大きくなるので、それに伴って利息の負担を小さくするように考えておく必要があります。

例えば、10万円と100万円の融資がそれぞれの消費者に行われたとします。このケースで、両者ともに18%の利息を設定することができると考えると必ず負担が大きくなるのは後者の100万円の融資を受けた消費者になります。

利息を設定するときには平等で不利のない設定をすることが常識ですが、同じパーセンテージを設定することが必ずしも公平で平等になっているわけではないということを知っておく必要があるのです。

この点、利息制限法では利息の上限を金額によって決めていますので、10万円と100万円の融資の上限は絶対に一致しません。

必ず100万円の融資の方の上限を低く設定しなくてはいけないので、こうすることによってバランスをとることができるようにしているのです。

利息制限法が存在することによって、消費者は不利な融資を受けることがなくなるのです。こうして金利を小さくしておけば、延滞でお金を返済できなくなるリスクを小さくすることが出来ます。

普通のカードローンでなくても延滞をすれば信用情報にその事実が記載されてしまいますので、なるべくならばこうした負担の小さいサービスを利用しましょう。

Copyright©金融業者の審査に大事なことをまとめたよ Allrights reserved.