キャッシングやカードローンの審査には年収や勤続年数が関係する?

キャッシングにおける審査で勤続年数や年収が関係することは殆ど無いと言って間違いありません。そもそも、キャッシングにおける審査基準はキャッシング会社が決めているわけではなく法律によって決められているので全てその基準に従って審査を行うことになります。

これは利息に関する事情でも同じで、職種などによって利息が上下することはなく、全て利息制限法という法律によって厳格に利息の範囲を決定されています。

ですから、安全に法律の合法的な範囲内で融資を受けることができるのです。キャッシングでは、貸金業法という法律を守って融資を消費者に対して提供するのですが、この貸金業法には総量規制という融資に関連する法律が存在します。

総量規制は、年収の三分の一を限度額に設定することによって安全な融資を実現する法律的な規制のことを意味します。この規制があれば、どの程度の年収であっても関係なく融資を受けることができるのでいくら稼いでいるかは大した問題にはありません。

例えば、年収100万円程度しか稼いでいない人であっても三分の一の範囲内である33万円程度の融資は必ず受けることが出来ますので、法律的には何の問題もなく自由にお金を借りることが可能です。

むしろ、重要になるのは借金の情報が書かれている信用情報をどのように整理しておくかをきちんと考えておくことでしょう。

他社借入の延滞歴、自己破産等の履歴は?

信用情報は消費者の借金の情報をまとめているものであるため延滞歴や他社借入、それに自己破産などの債務整理の情報が書かれていることもあります。

こうした情報が書かれていると当然借入の際には不利な状況になってしまいますので、新しく借入をする前に債務の状況を整理しておく事が重要になります。

また、信用情報の中身はかなり厳格なものになっていて少しの借金に関する情報であってもそこに記載されています。

例えば、融資を希望している人は色々な会社からお金を借りることを考えることになりますが、この時に様々な会社に対して融資の相談をしているとどこの会社に対して融資の相談をしたのかなどと言った情報も信用情報には記載されてしまいます。

もちろん、実際にお金を借りていないとそうした情報が書かれていてもお金を借りることはできますが、相手の心証は悪くなってしまいますので融資を受けるときには一つの会社に絞って余計なことをしないように考えておくことが大切なのです。

このように年収や勤続年数はキャッシングの審査にとってあまり意味を成さないことを知っておきましょう

Copyright©金融業者の審査に大事なことをまとめたよ Allrights reserved.